読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいこのモルディブここだけの話&どうでもいい話

モルディブの海に魅せられてインストラクターとしての経験をそのままブログにしました。また趣味の食べ歩きや旅行、ライブの話もちょこっと。

いまから 死んでもいいですか?(笑)

スポンサーリンク


   父が入院中なのと 年老いた親戚が 数名いるため

  なるべく 固定電話に出るように しているんだけど

 

       98%が  勧誘電話

 

    前に 話したかもしれないけど

 「不用品を譲って下さい。お家まで取りに行きます」

 

    こいつは  在宅時間を さりげなく聞き出したり

    家族構成を 聴いてくる

 

 

 また  証券会社とかは  どんな預金があるか探る

  墓石も 老人がいるかどうか 探る

 

  とにかく 落とし穴だらけの  勧誘電話

 

  私は  たまたま 出てしまった時に いろんなことを誘導尋問されても

   「不用品はありませんか?」

    「おしえな~い!!」

   「洋服でも なんでも大丈夫です 捨てるものありませんか?」

 

     「おしえな~い!」

 

   「使わない家電はないですか?」

 

    「おしえな~い」

 

 ・・・・・・と  まったく 人を小ばかにした 返事をして

 

   いつか ホームから突き落とされるんじゃないかってな私ですが

 

 

     最近 思いついた 勧誘退治方法

 

 

   「こんにちわ。〇〇証券です。 本日は ▲様に ぜひおすすめしたい   

      商品が ございまして。。。。」

 

    「今から 死んでもいいですか?」

 

   「え???  あの。。 財産運用にご興味はありますか?」

 

    「運用する前に 死んでもいいですか?」

 

    「失礼しました」

 

        終話

 

 

    う~ん  不気味がられて  切られてしまった(笑)

 

 

     でもな  この先  「自殺願望な家」のレッテル貼られて

 

   次の 勧誘は ロープとか 睡眠薬とかきたら やばいな

 

 

     その時は どう対処しよう。

 

  う~ん 次は 思いっきり げんきな 松岡修造でいくかな(笑)

 

   「不用品は ありますか?」

 

   「私自身」

 

     とかね!

 

    本当に 固定電話は 面倒でしょうがない。

 

   でも  やっぱり こんな 対応していたらいつの日か

 

      刺されるな わたし